FC2ブログ
制服美学
こんにちは ゆりです ちっちゃくないです

>秋葉原デート
土曜日に秋葉原に行ってきましたっ(*^▽^*)/

生憎の雨模様でしたが、とっても楽しかったです^ ^

アニメイトでラノベやら漫画やらを語って、ヨドバシでガンプラやパソコンを巡って

しかしです…

ゆりは真っ黒のゴスロリ服を身にまとっていたので(汗)

すれ違う人々の目線が終始痛かったです…
(ノ>ω<)ノ皆、ち、ちがうんだよーっ

誇らしげな奏ちゃんの横で膨れっ面なゆりでした


>コスメイト
ご存知奏ちゃんは制服オタクです

なので秋葉原の制服や小物を売っているお店が大好きです

そこで!今回私達はコスメイトという、中々コアなコスプレ用品専門店に行こうとチャレンジしたのですが

ぐるぐる迷った末、やっと見つけると

かなーり裏にひっそりある、ちょっと女子二人で入るには抵抗があるようなお店でして……

五分ほど扉の前で沈黙して、やっぱり怖くて撤退してきてしまいました(;_;)

撃沈です、奏ちゃん共々、まだまだ勇気が足りませんでした(涙)

渋々、AKB劇場があるドンキホーテで制服を見ていました


>宅コス・制服の魅力

さすがに毎回制服を着るのはゆりも大変だよー、と雨宿りがてらにミスドで話していて

ふと、奏ちゃんが

「じゃあ、宅コスにする? 」

「宅コス? …タコス??」
聞き慣れる謎の言葉にゆりが首を傾げていると

どうやら自宅でコスプレをして、それを見せる、という意味合いの言葉でした
へぇーと、ゆり初めて知ったです

でもまぁ、お家なら誰にも見られないですし、大丈夫な気がするよ(`・ω・´)

それにしても奏ちゃんの制服トークは非常に熱いです、熱々ですw

「最近のJKは(奏ちゃんもJKです)は全くだめだな 」
「茶髪にするわ、下品にスカート短いわ 分かってない」
などなど、奏ちゃん珍しくぷんすかです

どうやら、奏ちゃんの現在の理想の制服像は

清楚×ちょっぴりエッチ

このギャップらしいです
ゆり的にも始め聞いたときは??だったのですが

これが聞いていくと、中々日本特有の制服というものも深いのだと思ったりでした

つまり

上は固く、下は柔らかく、です

ブラウスは長袖で、ボタンは一番上まで閉める、しっかりリボンもして(奏ちゃんの好みは水色のブラウスらしいです )
真面目に、だっぽりさせずにスカートもインらしいです

下は真逆に、ミニがいいらしいです(無地濃紺プリーツスカート希望の奏ちゃん)

で、最後に紺ソックスで、奏ちゃんの理想像完成です

胸から腰のフィットしたラインを固い制服から見せて、短いスカートのギャップだよ
制服という社会のルールに順応されながらも、不完全な若さが滲み出る感じのギャップが最高なんだよ

by.制服フェチ 奏師匠

定義としては、エッチさはボタンを外す、スカートをギリギリ短くするなど、下品なものではなく

あえて清楚で固い制服の下に透けるブラが、などがいいらしいですw

すみません、そんなつい真剣に話す奏ちゃんを前に、ゆりは笑ってしまいましたw

珍しく白熱する奏ちゃんも可愛いです(●´ω`●)/なでなで

ぁ、あと三つ編みで眼鏡の地味さプラスだと更にいいらしいんですが

でも、ゆりもなんとなくそのギャップは分かる気がするです

地味な子なのに、そういうギャップがあると可愛いですよね^ ^

そして結果、ゆりがそれを実践することになりました( ゜д゜)…なぜ!?

(≧ヘ≦)ゞ奏監督、が、頑張りますっ


なんだかんだで、やっぱり秋葉原は楽しかったです^ ^
奏ちゃんの面白い一面も見れましたし(笑)

また早く来月も行きたいです


>書くべき物語

この世に私は一人しかいない、当たり前の事です

でもそれって凄いラッキーでスゴくて、とてつもないチャンスなのではないかと
ふと、最近ゆりは思ったりします

なぜかと言いますと
近頃色々な本を読んでいて、つくづくこの人のような物語は書けないなぁ…とか、こんな伏線は思い付かないなぁ…など
圧倒的なプロ達の文章に思っていました

でも今は、そんな比較はどうでもいいことだと思っていす

なぜならそれは、私ではなく、人が書いた物語だからです
私が書いた物語ならば、それは比較してしまいますが
その物語は所詮その人にしか書けないからです

だから私は思うんです
人や比較じゃない、私は私にしか書けない物語を書いている
ならば、私にしか知り得ない物語を書けばいい

このお話は面白い! 決してうぬぼれなどではなく、このまぐろは誰にも書けない、そしてゆりは面白いと自信を持って思っていますから^ ^

昔のように、人の本などを読まずにただ楽しく書いていた自分、何も知らずに夢中になってストーリーの先をワクワクして描いていた
それが、きっと大事なんです

初めて聞いた1曲の感動は、100曲目に聞いた人には薄れてしまうように、素朴な新鮮さです

人は言います
小説を書き、レベルアップを目指すなら、小説の教科書は小説からしかないと

確かに勉強や知識や流れ、言葉やルールは、何より小説が一番の宝庫でしょう、その通りでした

でもゆりには、山や川や町並み、音楽や匂いこそ、もっとも大事な材料なのではないかと、今はそう思っています

知識を知らず、言葉を知らずとも、ありのまま溢れるものを描けるのは、きっとそういうものなのですよ

少なくともゆりと、ゆりの物語ではそうです

なので、これから少し、小説もラノベも読みません^ ^
自由気ままに、土を見て、雲を眺めます♪

最近すっかり大賞大賞と口癖のように言っていたのがだめでした

私は大賞よりも大事な、まずはまぐろをうんと面白い物語にする、そこなのです

これは道具じゃない、初めて書いた、ゆりの経験や感情を率直に描いた大切な大切な物語です

そこを果たした上で、大賞に送るのです

千の言葉より、一の空

なのです^ ^
知り尽くした薄くて中身のない言葉の連結よりは、たった一言見いだした空気のようなキーワード

教科書通りではない、ゆりにはそっちのほうが合ってるにゃう


そして、自分は特別な才能を持っている
そううぬぼれのような自信があっていいはずです

‘これはきっと面白い’そう思って読んでいただく方々に

いえいえこんな駄作なものは、なんて謙虚さは失礼だと、今は思っています

貫く自信過剰なまでの特別視、面白いと断言出来るその力
そう思って書かなくちゃ、だめだと思います


-コメント返信-
>きりくん
きりくん こんにちは

ゴスロリ大変でしたよ(≧ヘ≦)
でもまだカチューシャがなかっただけ良かったです
ありゅ? ゆりのはロリ服?? ぅー?

確かにAKBのCDの売り方はあまり好きではありません
ですが現状、そういう商売道具として扱われているのも現実ですし、買う人がいるからこその現実です

アイドルやジャニーズでは、今に始まったことではなく、もはや仕方のない事のような気がします

だから、きりくんがそう思うなら、きりくんが買ってあげたそのCDは大事に聞いてあげて
保管してあげればいいと思いますよ^ ^

なるほどー、アニメ化はそういう意味でも難しいのですね
ゆりは時かけを作った会社さんがダントツでいいにゃぁー♪


>ゆりあお姉ちゃん
お姉ちゃん こんにちは

折り畳み傘しか持ってきていなかったので、ちょっぴりフリフリと肩が濡れてしまいましたが、小降りのうちに雨宿りしたので大丈夫でした(*^▽^*)/

ありがとうございます、そう言っていただけると勇気が湧いてきます
そうですよね、夢くらい大きくてもいいはずですよねっ

しゃわこさんも声優を目指して頑張っていますし、ゆりももっと頑張らなくちゃです(`・ω・´)

でももし言うなら、最低ライトノベル作家になってからがいいです

早食いはよくないのです、ゆっくり味わって食べるのです
夏はお野菜もフルーツもお魚も美味しいですから、いっぱい美味しいもの食べましょうです♪^ ^

トトロを見ると無性にキュウリをかじりたくなるゆりからでした


ぁ、あと追加のコメントありがとうございました>ω<っ

はい、「~のように」はとっても便利なのです
…やむを得ないですか

慎重に使うようにしますm(_ _)m

もうワンランク上にいきたいのですが、今はその時期じゃないのでしょうか
長所を思いっきり伸ばすことに専念してみます^ ^

ありがとうございました


>藍お姉ちゃん
藍お姉ちゃん こんにちは

アニメ化…! まさに夢のまた夢ですね(笑)
そうですよね 夢は大きく持つですっ

ゆりの着たゴスロリは半袖でとっても軽くて着やすかったです
でも、もうさすがに暑くて着れそうにないですけどね

藍お姉ちゃん本当にお疲れ様でした(;_;)
体調は大丈夫ですか?、複雑で忙しいとは思いますが、あまり無理はなさらないで下さいね?
お姉ちゃんが病気になってしまったら元も子もないですから…

まぐろ 読んでいただいたんですね、ありがとうございます

とっても貴重な案をありがとうございます
すごく参考になります

バッチリメモしたです!

丸々使うのはパクりなので工夫して自分で使ってみます

本当にありがとうございました
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

No title
お初です。
制服美学に物凄く共感(?)しました
小一時間語れそうな話題ですな
日本人らしさと現代っ子らしさの中間がそこにあると、信じています

書くべき物語。
今時こんな作家さんが居るんだなと感心させられました
ラノベ作家さんって基本的に謙虚で、「自分が賞を取れるとは思ってもみなかった」というのが常套句なのですが、自信を持たねば自分の書いたもの、とは言えないかもしれませんね
ただ、小説は文章を使って書くものですから、まったく活字に触れないのはオススメしませんよ
語彙が増えればそれだけ自分の中に渦巻く感情を表現できるわけですから、何かしらの文章には触れることをオススメします
文章には経験、知識、意識が大事だと、ひそかに思っております。
突然の訪問&長文失礼しましたm(_ _)m
No title
藍です。このコメントに関しては返信不要です。

ゆりっぺのゴスロリハァハァ(落ち着け。奏監督プロデュースのお姿もぜひ拝見してみたいですね。もちろん、本人特定されない程度にw

ゆりっぺの最大の強みは『ライブ感』にあるのではないかと最近考えてます。10代というその瞬間に感じた事をそのまま書き連ねていけること。仮に女子高生の一人称の小説の地の文が文豪みたいな文章だったら、私はひどい違和感を覚えちゃうだろうね。それにゆりっぺはすでにこれまで何十・何百冊もの読書の蓄積があるのだから、全然問題ないと思う。

なので、まぐろをうんと面白い物語にする、という考え自体には大賛成なのです。

それと先日の例文は著作権フリーと言うことで。ゆりっぺの文体に違和感感じない程度に自由にコピペ・改変などしていただいてかまわないです。


追伸として、ゆりっぺ&ユリアさんへ

それとしばらくの間、ネットの活動ができなくなると思います。理由は以前お伝えした同居人の病状絡み…ということで察してください。特にtwitterは感情がもろに出てしまうので、落ち着くまで自粛するつもりです。今の心理状態では猛毒をまき散らしそうな気がするので。

必ず戻ってくると約束したいけど、まだとてもそんな自信めいたことは言えない。でも、出来る限り努力します。少なくとも自分から命を絶つようなことはしません。それは同居人に固く固く禁じられてしまったので。

ただ今は、もう少しだけ、お時間ください。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ゆり

Author:ゆり
よく中学生に間違われる、お菓子大好きな隠れオタクです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード